中古車 ページ|走った距離は約4万キロ

今まで使わせてもらった車を手放さないといけない時があります。もの悲しい気分にもなり、だけども次に乗ることになる車が楽しみでもありという気分でしょう。2台目として所有していた軽を売ることになり、今回は入れ替えではなくて台数をへらしてコストダウンを図るのが目的ともいえますので、買い取り専門店にだけ見積もりを出してもらうようにしました。この車は新車で購入し、1回目の車検後1年経過、新車登録から約4年です。走った距離は約4万キロ、年間1万キロ程度なので、走行距離としては、普通の走行距離だと思います。自動車の査定は2業者にお願いし、来てもらって査定してもらいました。このような査定料は無料でした。

どなたでも車を買取ってもらうときには、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいと思うと思います。ですが素人には自分が乗っている自動車の買い取り相場というのが分からないので、2社にお願いすることにし、それぞれ査定額を出してもらい比較することにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちノート型のパソコンを使って、チェック項目に入力していってネット通信していました。査定額の結果は71万弱。こちらの希望価格が80万だったので、その旨を伝えると本社と交渉するので1日待ってほしいとの事です。もう1社の方も来て査定していってくれましたが、67万という金額でした。他業者では70万あったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、なかなか難しそうな感じで白旗を挙げられてしまいます。その直後にタイミングよく最初に査定してもらったところから、78万で売って欲しいと連絡が来ましたので、OKを出しました。

中古車 ページ|70万と出していた買い取り業者は

初めてで不安感もありましたが車査定サイトを活用して、複数の見積もりを取ってみました。これまでは馴染みの買い取り業者にお願いしているので、高値で買ってくれているものだと勘違いしていました。

でも実際に複数の見積もりを取って判りましたが、いつもの業者は相場以下だったのです。うちより高額で買ってくれるところはないと話していたので意外でした。これまでは相場で売れたら問題ないと思っていたのですが、そうでもなかったことを知りました。

今回売ることになった自動車の世間相場は52万でしたが、査定を複数取ってみたところ一番高い提示額は70万円と提示してくれたのです。相場で売れたら満足だと思っていましたが、考えてみれば相場というのは高くも安くもない額ということです。一括で依頼できる査定をして最高の業者は70万で、第二位の業者は68万がいっぱいのようです。続いて三位は57万円と、上位2社とは差があったので、2つの買い取り業者に出張査定見積もりを依頼しました。簡単査定で1番の業者にそのまま売却しなかった理由は、2社以上と比較しないと安いか高いのかがわからないと思ったからです。ネットの情報でも、複数業者に出張を依頼して比較しないとダメと書いてありました。

出張査定の時には、70万と出していた買い取り業者は62万と言ってきたのです。傷がいくつかあるという理由でしたが、8万円も違うのかとビックリしました。そして68万円を提示してくれた業者は、そのままの提示額で良いと言ってきました。結局当初は第二位だった業者が一番高値となったので、その業者に引き取ってもらいました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.