中古車 ペイントシーラント|査定見積もりの結果

お気に入りの車種の新モデルと同時に、今のクルマを引き取ってもらおうと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りに出す前提でしたが、想像以上に安い査定額となり、クルマの買い取り店と比べると15万程度も離れた額になりそうでした。

今まで買い取り業者とかは利用していませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを利用して下取りと比較したとき、その査定額の差にビックリしました。結局下取りはやらないことにして、買い取り専門店に売却する話となりました。

車買い取りサイトで差を見てみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。7社に査定してもらいましたが、31万円から76万円まで色々な評価があることがわかりました。最初は76万の業者に売ることを考えましたが、このサイトには少なくとも3社とは無料の出張査定をしたほうがよいと書かれていたのです。

3社で相見積もりを取る理由は、実際に目視による査定を受けることで、はっきりした査定額が判るからですね。ネット上でも概算額はわかりますが、参考的なものであり詳細は車によって異なります。そこで3社に出張依頼をして、来ていただきました。売却手続きまで含めて1時間程度と言われたので、土日に集中的に査定を受けることにしました。査定見積もりの結果、概算査定額2位の買い取り業者が1位の業者さんを上回り、一番高い金額を提示してきました。比較サイトでは70万未満の金額だったのですが、それ以上の業者が存在することを知らせると、78万になったのです。

中古車 ペイントシーラント|もしかすると海外かもしれず

珍車を買い取り業者に出したところ、かなりの高額で買い取ってもらえました。思っていたよりもかなり高値で買い取って貰えたのです。認知度が高いクルマや人気の車種が高いものと思っていました。

ネットを見たところ、そこにある情報では想像できなかったですが、珍しいクルマは高く買い取ってくれるとありました。しかしある情報では予測通り、よく見かけるような車や人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるそうです。でも条件も書いてあって特に海外においてという話でした。

国産のクルマは海外で特に高い需要があります。日本人の特徴でもある、大切に扱う習慣もその理由のようです。私は日本で生まれましたが、日本の車は世界一と絶大な信頼を置いています。

今回売却したクルマも日本のメーカーですが、想像すると外国で使ってもらえるのかもしれないなと妄想するとドキドキした感じになりました。もちろん海外でなくても使って貰っても嬉しいです。

クルマを売ってしまうときは、そのクルマを手放す寂しさもあるのですが、買い取り額がいくらになるのかやこの車を次に乗る人を思い浮かべる楽しさなどがあります。できるのなら誰が買ったのか知りたいと思います。どこでどんな使い方をされて、どんな所で普段待機しているのかなど、売った後も考えるのです。

もしかすると海外かもしれず、いづれにせよ思い出が蘇る気分です。クルマを手離すときには複数の車を売りたいとするお客さんもいて、需要と供給がバランスよく上手く取れているものと思いました。

この日本において、これからも上質な車が求めている人に渡っていくでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々と楽しかった出来事です。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/21 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.