中古車 ブーマー|4輪駆動の自動車に

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。4輪駆動の自動車に乗ってみたかったのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良い中古車はないかと近くで探しましたが見つからず、少し離れたところにある中古車屋さんで見つかりました。

ところが、楽しく乗れたのも少しだけで、立て続けにトラブルが発生し、購入から半年ほどで売却することにしました。職場の近くの車買い取り業者に持ち込み査定してもらったら、よくて相場以下の20万円らしいです。私は約6ヶ月前にこの車を70万円で購入しました。単純計算では、半年で50万円も減らしてしまったということになります。これは満足いくわけもないので、知り合いが売却していた人気の買い取り業者に査定の依頼をしました。その結果、26万でしたので買い取ってもらうことができました。複数業者の査定では6万円の差がありました。

とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりないのですが、2社で査定しなかったら、さらに6万以上安く売却するはめになった可能性があったのですから助かります。

そのまま買い取ってもらうつもりになっていましたが、査定のみのつもりだったみたいで、車をもっていくような準備をしていなかったようです。その為、後日来てくれた際には輸送料として減額されてしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、ハナから言っておくべきだと思い直しています。次の車を買い取ってもらうときには、そのあたりも忘れないようにします。

中古車 ブーマー|乗り慣れた車を手放すときの寂しさがありますが

珍しいクルマを買い取りに出したら、かなりの高額で買い取って貰えました。予想していた以上にかなり高額で売れたのです。売れているクルマや人気車種が高いものだと思っていました。

ネットを見たところ、そのページに書かれていた内容では想像できなかったですが、珍しいクルマは高く売れやすいと書いてありました。これ以外のサイトには、みんなが知っているクルマや人気のあるクルマが高く買い取ってもらえるとありました。但しその理由は海外輸出向けみたいですね。

今日本の車は海外では人気が高いです。日本人特有の、ものを大切にする習慣もその理由のようです。私の考えも、日本の車は世界レベル以上と思っています。

今回の買い取り依頼した車も国産車ですが、もしかして外国で使ってもらえるのかもしれないと思うと楽しさが膨らみます。海外でなくても良いので使って貰っても嬉しいです。

車を売るときは、乗り慣れた車を手放すときの寂しさがありますが、高値の買い取りや新たなオーナーを思い浮かべる楽しさなどがあります。もしも可能ならどなたに譲られたのか知りたいです。どこでどんな使い方をされて、どんな場所で毎日いるのかなど、手放しても思い浮かぶことがあります。

外国なのかもしれませんが、どこであっても大切な記憶がぶり返してきます。クルマを手離すときには中古車を購入したいとする次のオーナーもいて、売りと買いのバランスが上手く取れているものと思いました。

日本では、これからもまだ使える車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、色々と楽しめたと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/04/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.