中古車 ブーズ|長い年月使用した車を

長い年月使用した車を手放さないといけない時があります。愛おしい気持ちになり、そして次のクルマが楽しくてたまらない気分でもあるでしょう。セカンドカーとして所有していた軽自動車を売却することになり、今回は乗換ではなくて車の台数を減らすことで経費の節約を図るというのが目標だったので、中古車買い取り店にだけ見積もり査定をお願いしました。

新車で買ったので、49か月目ですから、つまり4年経過ですね。走行距離は50,000キロ弱、年間で言えば1万くらいなので、走行距離としては、平均的な走行距離です。自動車の査定は2業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。査定料はもちろん無料です。

車を買い取ってもらうなら、より多くの査定額を提示してくれる会社に売りたいと思うと思います。でも素人にはこの車の買い取り相場というのが分からないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、見積もりを出してもらい比較してみようと思いました。

最初に来てもらった会社は、査定担当者が自動車を見てからノートパソコンを持ち出して、いくつか入力してからネット通信していました。査定価格は71万でした。こちらの希望価格が80万だったので、そのように伝えてみると本社と交渉するのでチョット待ってほしいといわれました。もう1社の方も来て査定していってくれましたが、69万円が上限と言われました。他では70万以上の査定額だったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、なかなか難しそうな感じで苦笑いしていました。それからしばらくして先に査定してくれたスタッフさんから、78万円でどうですかと連絡が来たので、そちらで買ってもらうことにしました。

中古車 ブーズ|新モデルの登場と時期を合わせて

新モデルの登場と時期を合わせて、今のクルマを売却しようと思っていました。初めは購入したディーラーで下取りに出す予定でしたが、期待した査定額とは離れており、クルマの買い取り店と比べると15万程度も離れた額になるところでした。

今まで買い取り業者とかは利用していませんでしたが、はじめて車買い取りの比較サイトを利用し下取りとの違いを比べたとき、その価格差に驚いたものです。そんなわけで下取りはしないことにして、自動車買い取り店に売ることにしたのです。

車一括査定サイトで比較してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。6つの業者で査定してもらいましたが、32万~76万まで色々な評価があることがわかりました。当初は76万円の業者1社に依頼する事も考えたのですが、買い取りサイトをよく見てみると複数の業者に無料の出張査定をしたほうがよいと書いてありました。

3社で相見積もりを取る理由は、実際に目視による査定を受けることで、確定の査定額が判るからです。ネット上では概算は判りますが、目安でしかなく決定額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらうことにしました。

売却手続きまで含めて1時間くらいと言われていたので、土日に集中的に査定してもらいました。出張してもらっての査定の結果、ネットで表示された査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを上回り、最高額の金額を出してくれました。比較サイトでは70万未満の査定額だったのですが、それ以上の業者が存在したことを匂わしてみると、78万弱までアップしてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/15 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.