中古車 ビーゴ|次に来る車が楽しみという気分でもあるでしょう

長い年月使用した車を手放す時というのはいずれきます。とても悲しい気分になり、次に来る車が楽しみという気分でもあるでしょう。2台目として所有していた軽を売ることになり、今回は入れ替えではなくて車の台数を減らすことで経費を抑えておこうというのが目標だったので、中古車買い取りを専門としている業者に査定をしてもらいました。中古ではなく新車で購入し、最初の車検を通してから1年経過、だいたい4年ということです。走行距離数は4万キロ、1年で1万キロ走行ですから、走行距離としては、多いわけでもありません。クルマの買い取り査定は2業者にお願いし、出張での査定をお願いしました。出張査定でも無料でした。車を買い取ってもらうなら、少しでも高い査定会社にお願いしたいと思うでしょう。ですが私のような素人にはこの車の買い取り相場というのが分からないので、2社に一括でお願いし、見積もりを出してもらい比較することにしました。

先に来た買い取り専門店は、スタッフさんが車の状況を確認してからタブレット端末で、チェック項目に入力していってデータ通信されていました。査定結果は70万円でした。こちらの買い取り希望額は80万でしたから、そのようにハッキリと伝えたら会社の承認がいるので帰ってから返事をするとのことです。

もう1社の方も来て査定していってくれましたが、68万円という金額を提示されました。他業者では70万あったこと、希望が80万円である事を伝えると、当社ではとても難し額ですと白旗を挙げられてしまいます。その直後に最初に査定をお願いした会社から、78万までなら大丈夫ですと連絡があったので、その業者に売ることにしました。

中古車 ビーゴ|ネットでは68万円という

新型モデルの登場と同時に、旧型になるマイカーを売ろうと思っていました。当初は購入したディーラーに下取りに出す前提でしたが、想像以上に安い査定額となり、車査定買者とくらべてみても15万程度も離れた額になりそうでした。

今までは下取りしか利用しようとも思いませんでしたが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額の違いに驚きました。そんなわけで下取りは止めることにして、自動車買い取り店に引き取ってもらうことにしました。

クルマの一括査定サイトなどで比較検討したところ、査定額は目を疑うほど違いました。6つの業者で査定してもらいましたが、30万円~76万円まで金額にバラつきがあったのです。当初は最高額の業者さんに売却することを考えましたが、買い取りサイトには複数の業者に出張見積りを受けたほうが良いと書いてあったと思います。

3社での見積もりが必要な理由は、実際のクルマをみてもらうことで、本当の査定額が判るからですね。ネット上でも概算額はわかりますが、参考値でしかなく詳細額ではありません。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらうことにしました。出張査定の時間は約1時間と聞かされていましたので、土曜か日曜にまとめて査定を受けることにしました。査定の結果、サイトで見た査定額2位だった業者が1位の業者さんを上回り、一番高い金額を提示してくれました。ネットでは68万円という金額でしたが、5万以上高い業者が存在したことを匂わしてみると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.