中古車 デメリット|寂しい気持ちになり

長い年月使用した車を手放さないといけない時があります。寂しい気持ちになり、でも次の車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。セカンドカーのように使っていた軽を売ることになり、買い替えせずに所有する車の台数を減らして経費を抑えておこうというのが目標だったので、中古車買い取りを専門としている業者に買い取りの見積もりをお願いしました。

この車は新車で購入し、車検を1回と1年だから、新車登録から約4年です。走行距離数は4万キロ、年間で言えば1万くらいなので、過走行車でもありませんし、平均的だと思います。自動車の査定は2社にお願いし、出張査定してもらいました。査定料はもちろん無料です。

車を買い取ってもらうなら、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいですよね。ですが素人には自分が乗っている自動車の相場というのが判らないので、複数の専門店に一括見積りをお願いし、査定額をそれぞれ見積もってもらい比較することにしました。

最初に来てくれた買い取り業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちタブレット端末で、いくつか入力してからデータ通信されていました。査定結果は70万円でした。希望していた額は80万以上でしたので、その旨を伝えると本社の許可がいるので1日お待ちくださいとのこと。

次に査定をしに別の会社の方が来ましたが、67万という金額でした。別会社の査定額が高かったこと、こちらの希望は80万円ということを伝えましたが、当社ではとても難し額ですと帰られてしまいました。その直後に最初に査定してもらったところから、78万円でどうですかと連絡が来たので、そちらで買ってもらうことにしました。

中古車 デメリット|車買い取りサイトで

新型の発売に合わせて、所有している自動車を乗換のため売却しようと思っていました。載っていた車はディーラーに下取りしてもらおうと思っていましたが、想像以上に安い査定額となり、車査定買者とくらべてみても15万程度も離れた額になっていたのです。

これまでもディーラーの下取りしか利用したことはなかったですが、相場を知ろうと査定比較サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額差に愕然としました。それにより下取りはしないことにして、買い取り専門店に引き取ってもらうことにしました。車買い取りサイトで確認してみたところ、査定額に2.5倍もの開きが生じました。いくつかの買い取り業者で見てもらったのですが、30万から76万まで色々な評価があることがわかりました。一番高値の専門業者に売却しようかと思ったのですが、このサイトには2-3社には立会で見積もりをしてもらったほうがいいと書いてありました。

3社で相見積もりを取る理由は、目視による査定をしてもらうことで、査定額がハッキリと判るからですね。ネット上で判る査定額は、目安でしかなく詳細は車によって異なります。そこで早速3社に出張依頼をして、自宅まで来てもらうことにしたのです。

売却手続きまで含めて1時間位らしいので、休日にまとめて査定してもらいました。目視での査定の結果、ネットで表示された査定額2位の査定士さんが1位の業者を逆転して、一番高い金額を出してくれました。ネットでは70万を切った金額だったのですが、それ以上の業者があったことを伝えてみると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/09/17 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.