中古車情報|売却しやすいとありました

あまり出回っていない珍車を売却したら、予想以上の高値で買い取ってくれました。予想していた以上にかなり高値で買い取って貰えたのです。認知度が高いクルマや人気のあった車が高くなると思っていたのですが。ネットを見たところ、ある情報ではその予測に反した通りで、珍しい車は高値で売却しやすいとありました。しかしある情報では予測通り、認知度が高い車や人気の車種が高く買い取ってもらえるとありました。それは海外輸出向けみたいですね。

日本の自動車は海外で喜ばれます。日本人が使っていたという、ものを大切にする習慣も関係あるのではないでしょうか。日本人の私は、日本の中古車は世界一と信頼しています。

今回売った車も国産の車ですが、この車も海外で活躍するのかもしれないと思うと楽しさが膨らみます。それが国内であっても使用してもらえるのなら嬉しいです。

車買い取りの際は、慣れ親しんだクルマを手放す寂しさもあるのですが、高く売れないかや次の乗り手を妄想する楽しさもあります。可能ならどなたが乗ることになるのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所で毎日いるのかなど、売却した先のことも考えるのです。

海外か国内かもわかりませんが、どこであっても可愛がっていた車なのです。クルマを引き渡すときには複数の車を売りたいとするお客さんもいて、欲しいと不要がバランスよく取れているんでしょうね。

素敵な日本で、これからも上質な車が必要な人たちに利用されていくのでしょう。買い取りしてもらっただけですが、色々なことを学んだ出来事でした。

中古車情報|なっていたかもと思えば

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツカーに乗りたいと思っていたのですが、新車では高くて手が出ません。そこで良さげな中古を探しまくっていたら、自宅から少し離れた町の中古車販売店で良い車を見つけました。

しかし、喜びもつかの間、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年にも満たないほどで売ってしまうことになりました。近くにあるクルマ買い取り専門店に査定見積もりをお願いしたところ、よく頑張っても20万とのことです。

私はこの車を半年前に購入したとき70万円支払いました。単純計算では、半年で50万円も資産が減ったことになります。さすがに安すぎでしょうと思い、前に車買い取りを依頼したこともある知名度のある買い取り店に査定してもらったのです。ここでの査定結果は、26万円となり引き取ってもらうことになりました。地元と大手とでは6万もの差が出たのです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに違いはないのですが、別の業者で査定をしなければ、6万円損した感じで売ってしまうことになっていたかもと思えば助かります。そのまま持って行ってもらうと思っていましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車をもっていくような考えではなかったようです。ですので、後日来られたときには輸送費を引かれてしまいました。もし本当に売るつもりならば、ハナから言っておくべきだと反省しています。今度買い取ってもらう時は、そういったことにも気を付けようと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/12/10 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.