中古車リース|失う悲しさもありますが

珍しい車を買い取りに出したら、予想以上の高値で買い取ってもらえました。考えていた以上でかなり高く売却できました。馴染みの深い車や人気の車が高値と思っていたのです。

ネットでチェックしたところ、そこの情報では意外でしたが、珍しい自動車は高値が付きやすく売却しやすいとありました。他のページもチェックしてみると、みんなが知っているクルマや人気車種が高値で売れるとあったのです。でも条件も書いてあって海外に向けての話のようでした。

日本のクルマは海外で喜ばれます。日本人の特徴でもある、大切に扱う習慣もその理由のようです。私は日本人ですが、日本の中古車は世界一と絶大な信頼を置いています。

今回売った車も日本製の車ですが、これはもしかすると海外で使われるのかもしれないなと妄想するとワクワクした気持ちになりました。海外でなくても良いので使用してもらえるのなら嬉しいです。

車を売却する時は、慣れ親しんだクルマを失う悲しさもありますが、買い取り額がいくらになるのかや次の運転手を想像する楽しさがあります。可能なら誰が買ったのか知りたいと思います。そして今どこで活躍していて、何処に留まっているのかなど、考えるとワクワクします。もしかすると海外かもしれず、いづれにせよ大切な記憶がぶり返してきます。クルマを引き渡すときには中古車を購入したいと思っている人がいて、売りと買いのバランスがなっているのでしょう。

豊かな日本において、これからも質の良いクルマたちが求める方々に譲られて行くでしょう。今回の買い取り見積もりを通じて、考えることも多い出来事でした。

中古車リース|引き取ってもらうことにしました

新型の登場とともに、旧型の愛車を売ろうと思っていました。最初は購入時にディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、期待していた査定額にはならず、買取専門店と比較すると15万円以上も安い額になりそうでした。

今まで買い取り業者とかは利用したことがありませんが、はじめて車一括査定サイトを活用して下取りと比べたとき、その金額差に愕然としました。結局ディーラーへの下取りはしないことにして、車買い取り業者に引き取ってもらうことにしました。

車一括査定サイトで比較してみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。6つの業者で査定してもらいましたが、32万~76万まで査定額にバラつきがありました。当初は76万円の業者1社に依頼する事も考えたのですが、このサイトには2-3社には出張見積りを受けたほうが良いと書かれていたのです。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、実際に観てもらうことて、本当の査定額がわかるからだそうです。サイトでは概ねの金額は判りますが、参考にはなりますが詳細額ではありません。そのため出張依頼を3社にして、来てもらうことにしました。

査定に必要な時間は1時間位らしいので、土曜か日曜にまとめて査定してもらうことになりました。出張してもらっての査定の結果、ネット査定額2位の買い取り業者が1位の業者さんを追い抜いて、最高額の見積もりを提示してくれました。ネットでは68万円という価格でしたが、それよりも高い査定の業者があったことを伝えてみると、会社に連絡した後78万まで上げてくれました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/07/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.