三島 中古車 ガーデン|いづれにせよ思い出が蘇る気分です

珍しいクルマを売りに出したら、なぜか高額査定となり売ることができました。思っていたよりもかなり高く買ってもらえたのです。よく見かける車や人気のあった車が高くなると思っていたのですが。ネットで調べたところ、そこにある情報ではその通りで、珍しい自動車は高値が付きやすく買い取ってくれるとありました。他のページもチェックしてみると、よく見かけるような車や人気車種が高値で売れるとあったのです。それは国内ではなく海外輸出向けみたいですね。

日本のクルマは海外では大切に扱われます。日本人が使用していたからもあり、物を大切に取り扱う習慣もその理由のようです。私が思うに、日本の中古車は世界一と思っています。

今回売った車も国産車ですが、この車も海外で使って貰えるのかもしれないと思うとワクワクした気持ちになりました。もちろんそれが国内で使用してもらえるのなら嬉しいです。クルマを売ってしまうときは、乗り慣れた車を手放さないといけない寂しさもありますが、どんな査定がされるのかやこの車を次に乗る人を思い浮かべる楽しさなどがあります。叶うなら次のオーナーは誰なのか知りたいです。今どこで走っていて、どんな場所で毎日いるのかなど、売却した先のことも考えるのです。

どこにあるのかわかりませんが、いづれにせよ思い出が蘇る気分です。クルマを引き渡すときにはクルマを売りたいとするお客さんもいて、欲しいと不要がバランスよく取れているんだなと思いました。

平和な日本では、これからも上質な車が欲しい人に譲られていくでしょう。クルマの買い取りでしたが、色々思いを巡らせてみました。

三島 中古車 ガーデン|26万でしたので買い取って

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。ずっとスポーツタイプの車に憧れていたのですが、新車は手が届くレベルではありません。そこで良い中古車はないかと探していたところ、少し離れたところにある中古車販売店で良い車を見つけました。

しかし、喜んで乗っていたのですが、次々と予想外の問題があり、半年少々で買い替えを考えました。試しに自宅の近くにある中古車買い取り業者に査定を依頼したところ、多めに見積もっても20万とのことです。

このクルマを私は6カ月前に総額70万で買いました。計算したくもありませんが、半年間で約50万も消化してしまったことになります。これは満足いくわけもないので、友人が売っていた人気の買い取り業者に査定してもらいました。ここでの査定結果は、26万でしたので買い取ってもらうことになりました。2社の比較ですが6万の差が生まれるようです。

それでも44万減った事実に変わりはありませんが、大手で査定してもらわなければ、それ以上に安く売ってしまうことになったかもと思うとまだ助かったと言えます。

この状態で持っていくつもりだったのですが、査定のみのつもりだったみたいで、車をもっていくような考えではなかったようです。そのため、後日の引き取り時に別途輸送費がかかってしまいました。もし本当に売却したいのなら、はじめからそう言っておけば良かったと反省点として挙げておきます。次の車を買い取ってもらうときには、その点にも注意したいと思います。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.