ルノー ドーフィン 中古車|6万円損した感じで

今回車買い取りをしてもらった車は昨年の暮れに中古で買った車でした。4輪駆動の自動車に乗ってみたかったのですが、新車では高くて手が出ません。そのため良質の中古車を近くで探しましたが見つからず、家から離れたところの中古自動車販売店で見つけました。

しかし、楽しく乗れたのも少しだけで、次々とトラブルに見舞われ、わずか半年にも満たないほどで手放したくなりました。近くにあるクルマ買い取り専門店に出張査定を依頼したところ、せいぜい20万とのことです。

私は半年前にその車を購入したとき70万円支払いました。これを計算すると、6カ月で50万円も財産が目減りしたことになります。これは満足いくわけもないので、少し前に買い取りしてもらった大手の買い取り業者に査定してもらったのです。査定をしてもらった結果、26万円となり引き取ってもらうことができたのです。比較した査定をすることで6万円の差がありました。

それでも44万円目減りしたことには違いないですし、別の業者で査定をしなければ、6万円損した感じで売ることになっていた可能性もあっただけに助けられたとも言えます。

そのまま買い取ってもらうつもりでありましたが、業者さんとの意思疎通が図れていなくて、車をもっていくような準備をしていませんでした。そのため、後日来られたときには輸送賃がかかってしまいました。もし本当に売ってしまおうと考えているのなら、最初に言っておくべきだったと少し後悔しています。次の車を買い取ってもらうときには、そういったことにも気を付けようと思います。

ルノー ドーフィン 中古車|計算してみてお得そうだったら

前に乗っていた車は、ボンネット部分が薄白く見えていました。濃い色の車だったのですが、白い部分が妙に目だちやけにボロボロな車に見えてしまうのです。洗車も一応しましたが買い取り査定してもらうと、ボンネットの白さが見積もり査定額に影響があるようです。

カー用品があるお店に行ってボディの色を戻す事は出来ないか見ていた所、ボディに艶が出るような商品を店員さんに教えてもらいました。ボンネットのあの部分にやってみたところ、とてもピカピカになったのです。それを見た人から新車にしたのかと言われました。再び買い取りのための無料査定を受けたところ、思いのほか高額査定となりました。古い車だったのでどんな結果になるのか心配でしたが、想像以上に高く見てもらえたので嬉しかったです。勿論ボディの色に関しては何か言われることもありませんでした。白く感じたボンネットも前の色に戻すこともできたし、今まで以上にキレイな感じにすることができたのが嬉しかったです。

車買い取りを利用する時は、車を掃除するなどきれいに見えるようにしておきましょう。ボディの艶がないときなどは、ワックスなどを利用して綺麗にすると査定金額に影響するかもしれません。査定見積もり額のアップと艶を出すためのワックスなどの費用とを計算してみて、お得そうだったらきれいにするのも良いでしょう。私の場合は1000円弱の出費によって、一括で見ても査定はそれ以上アップしました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/20 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.