チーター 中古車|無料査定を受けたところ

前に使っていた自動車は、ボンネットの一部分が白い感じがしました。濃い色のボディの車だったのですが、その白っぽさが影響しているのかやけにボロボロな車に感じてしまいます。一応洗車をして査定してもらいに伺ったところ、ボンネットの白さが買い取り査定額に影響を与えるという事を聞きました。

ショップに行ってボンネットの白色を戻す方法はないか見ていたら、手軽に艶が出るような商品を店員さんに教えてもらいました。さっそく気になるところをやってみたところ、驚くほどキレイになりました。友人には新車にしたのかと言われるくらいの仕上がりでした。

そこでもう一度無料査定を受けたところ、前回よりはるかに高額になりました。古い車だったのでどんな結果になるのか心配でしたが、想像以上に高く査定してくれたのでよかったです。ボディの色なども影響はなかったようです。白っぽく感じた色も周りに同化できているし、それまでよりもつややかにする事が出来たから良かったのかなと思います。

自動車の買い取りを利用する前には、車を掃除するなど綺麗にしておきたいですね。またボディが白くなっている時等は、ワックスなどを利用して綺麗にすると査定額に変化が出る事も有ります。査定金額のアップとピカピカにするための手間とアイテムの費用とを良く比較してみて、お得そうだったらやってみるのもアリです。千円くらいの出費があっても、査定額が数万変わるんですからね。

チーター 中古車|クルマの買い取り専門店に

長いこと使ったクルマを手放す時というのはいずれきます。もの悲しい気分にもなり、でも次の車がやってくる楽しみも重なる気分でしょう。2台目として所有していた軽自動車を手放す事になり、今回は入れ替えではなくて台数をへらしてコストダウンを図るのが目標だったので、クルマの買い取り専門店に査定をしてもらいました。

新車で購入し、49か月目ですから、だいたい4年ということです。走行距離数は4万キロ、年間1万キロ程度なので、過走行車扱いにはなるはずも無く、特にマイナス要因はありません。車の買い取り見積もりは1社では不安なので2社にお願いし、すべて出張査定を依頼しました。出張査定でも無料でした。誰でも車を売るとなれば、少しでも高く見積もってくれるところに売りたいですよね。ですが私には自分が乗っている自動車の買い取り相場というのが分からないので、今回2つの会社にお願いし、それぞれ査定額を出してもらい比べてみたいなと思いました。

始めに来た業者は、査定をする方が車を一通り確認したのちパソコンを持ち出して、ソフトに入力していってデータ通信されていました。査定結果は70万ちょっと。希望していた額は80万以上でしたので、そのようにハッキリと伝えたら社長に聞いてみるのでチョット待ってほしいといわれました。

翌日別の会社の方が買い取り査定に来て、68万円という金額を提示されました。他では70万以上の査定額だったこと、希望額と10万以上離れているといってみましたが、かなり厳しい金額だと帰られてしまいました。その後すぐに最初に査定をお願いした会社から、78万円でどうですかと連絡が来たので、OKを出しました。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/16 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.