ジール 車買取|わずか2社の比較でしたが

今回売却した自動車は昨年夏に買ったセコハンです。以前から外国産の車に乗ってみたいと思いましたが、新車は高すぎて買えません。そのため良質の中古車を探しまくっていたら、自宅から少し離れた町の中古自動車販売店で見つけました。しかしその後、楽しく乗れたのも少しだけで、立て続けにトラブルが発生し、購入から半年ほどで買い替えを考えました。近くにある自動車買い取り業者に査定見積もりをお願いしたところ、よくて20万が上限とのことです。

このクルマを私は6カ月前に購入したとき70万円支払いました。単純に計算すると、6カ月で50万円も資産が減ったことになります。これでは納得できないので、少し前に買い取りしてもらった大手の買い取り業者に比較のために査定をお願いしました。査定をしてもらった結果、26万でしたので買い取ってもらえました。わずか2社の比較でしたが6万もの差が出たのです。

とはいえ40万円以上目減りしたことに変わりないのですが、複数社に査定してもらわなければ、それ以上に安く手放すことになっていた可能性もあっただけに助かったともいえます。

そのまま持って行ってもらうつもりでしたが、査定だけと思われていたようで、自動車を運ぶような準備をしていなかったようです。そのため、後日来られる際に輸送代を取られてしまいました。もしも売るつもりならば、最初から伝えておくべきだったなと思い直しています。今度買い取ってもらう時は、そのあたりも忘れないようにします。

ジール 車買取|売却することを考えましたが

新モデルの登場と時期を合わせて、所有している自動車を乗換のため売却しようと思っていました。買い替え時にディーラーで下取りをお願いしようと思っていましたが、期待していた査定額にはならず、車査定買者とくらべてみても15万円位安い見積もりになるところでした。

これまでもディーラーの下取りしかやっていませんでしたが、初めて無料の一括査定サイトを利用して下取りと比較したとき、その金額差に愕然としました。こういった現実を知った以上下取りはやらないことにして、専門の買い取り業者に売却しました。車一括査定サイトで差を見てみたところ、査定額は目を疑うほど違いました。8社で査定を受けたのですが、30万円~76万円まで金額がバラバラでした。最初は76万の業者に売却することを考えましたが、買い取りサイトを参照すると少なくとも2社できれば3社には訪問見積もりを受けたほうがいいと書いてありました。

複数社で見積もりを出してもらう理由は、査定士さんが目視することで、本当の査定額がわかるからだそうです。ネット上では概算は判りますが、参考にはなりますが詳細は実車しだいです。そこで複数の業者に連絡をして、来てもらうことにしました。

査定から売却手続きまでは1時間もあればとのことでしたから、土曜か日曜にまとめて査定をお願いしました。出張してもらっての査定の結果、概算査定額2位の査定士さんが1位の業者さんを追い抜いて、最高金額を出してくれました。ネットでは70万を切った金額でしたが、5万以上高い業者がいることを伝えると、78万になったのです。

ピックアップ記事

最終更新日 2018/06/18 Sitemap RSS2.0
Copyright © 2018 中古車下取り査定を比較して高値売却を目指す All rights reserved.